2021-06-30 びほろ笑顔プロジェクトが開発した「美幌トマカラサン」とは?

びほろ笑顔プロジェクトが開発した「美幌トマカラサン」とは?

美幌名物「美幌トマカラサン」とは?

(美幌トマカラサンと美幌峠)

北海道網走郡美幌町の特産品として2021年4月に販売開始となった「美幌トマカラサン」。

地元で生産されたこだわりの唐辛子を乳酸発酵させて辛さと旨味を演出した「旨味」に、地元生産のトマトを酢酸発酵させて配合した新たな調味料です。

平成24年、町おこしのために設立された合同会社 「びほろ笑顔プロジェクト」が開発した“かけて食べるソース”です。

 

「美幌トマカラサン」ルーツ

(美幌峠の絶景)

美幌トマカラサンのルーツは「びほろ笑顔プロジェクト」の立ち上げに遡ります。

平成24年、町おこしのために設立された「びほろ笑顔プロジェクト」は地元を元気にするため、16名の会議所の皆さんが集まり、共同出資によって設立された合同会社です。

1人10,000円。そして、地元の美幌高校の皆さんも1人1,000円出資をして設立され「豚から広がる・モノづくり、まちづくり、ヒトづくり」を理念としています。

最初に開発された商品は「美幌豚醤まるまんま」。

原材料には地元産豚肉を使用。生産から加工まで町全体で行う“ものづくり”によって町全体を元気にするための商品開発がスタートしました。

その後、数々の商品を生み出し「美幌トマカラサン」の開発へと繋がっていきます。

 

地元特産品のトマト「なつのこま・なつのしゅん」を使用

(ぴぽろワークセンターの収穫風景)

美幌トマカラサンに使用する加熱用トマトは、地元で専用栽培されています。

2017年より「社会福祉法人 北海道療育園 知的障害者通所授産施設」の「ワークセンターぴぽろ」の皆さんと連携し、加熱用トマト「なつのこま・なつのしゅん」の栽培を開始。その後、同トマトは町の特産品として発展し、地域経済にも大きく貢献するまでになりました。

 

美幌トマカラサン専用唐辛子「ハラペーニョ」「札幌なんばん」を栽培

(ぴぽろワークセンターの収穫風景)

美幌トマカラサンに使用されている唐辛子「ハラペーニョ」と「札幌なんばん」は、ワークセンターぴぽろの農場で栽培されています。

数ある品種の中から食味が加熱用トマト「なつのしゅん・なつのこま」と相性の良い品種として選択されました。

美幌トマカラサン専用の唐辛子として、種から苗を起こし、定植、収穫まで一連の流れを確立しています。

美幌トマカラサンの原材料選定にあたっては、カプサイシンが多く含まれる唐辛子が注目されました。

暑い夏、極寒の冬、オールシーズンで食欲を引き出し、健康促進に繋がる唐辛子。その栽培連携の確立を目的として、新たにワークセンターぴぽろの皆さんと協働し、唐辛子の乳酸発酵食品(パウラージャ)が完成。使用する乳酸菌は「北海道更別農業高校」で発見された自生菌が使用されています。

尚、発酵技術指導に関しては、企業組合北見産学医協同センターの指導を受け、技術移転されました。

酢酸発酵したトマト、乳酸発酵した唐辛子(パウラージャ)から新たな美幌発祥の調味料が完成となったのです。

 

唐辛子の乳酸発酵

北見産学医協同センターの指導のもと、北海道更別農業高校産の乳酸菌による唐辛子の乳酸発酵の技術指導を受けています。

塩分濃度4%で唐辛子を乳酸発酵させるテーブルサイズの実験は成功。辛さの中に旨味を感じる乳酸発酵の唐辛子(パウラージャ)が完成しました。

その後、思考錯誤を繰り返した結果、塩分濃度を8%にすることで乳酸発酵が安定し、発酵条件を確定することが分かったのです。

 

びろほ笑顔プロジェクトの大友室長にお話を聞きました。

◇びろほ笑顔プロジェクト 商品開発室長 大友真佐美さん
◇ライズ北海道 吉本

ノーステック財団の支援について  

(ぴぽろワークセンターの収穫風景)

吉本)ノーステック財団との関わりについて教えて下さい。

大友さん)はい。実はノーステック財団さんとは長いお付き合いで、もう6年連続で開発支援を受けています。

吉本)6年連続ですが!?すごいですね・・・

大友さん)そうなんです。担当者にも貴方のところくらいだよと(笑)・・・言われました。

美幌町の加熱用トマト生産の立ち上げからお世話になり「美幌豚醤まるまんま」「美幌トマトケチャップ」「美幌ミートソース」、そして今回の「美幌トマカラサン」と、これまで多くの支援を頂いています。

吉本)具体的にどういったところで支援事業を活用されているのでしょうか?

大友さん)私たちは「発酵」という所に最もこだわりを持って研究開発を進めています。やはり、生き物ですので安全に発酵を進めなければならない。そのためにはノーステック財団さんの支援が非常に重要でした。北見工業大学さんをご紹介して頂き、地域応援を学ぶ学科の方々に乳酸菌の培養と安定化について研究をお手伝い頂いています。

発酵研究の資金に用いたり、商品パッケージやデザインなどにも幅広く活用させて貰っています。

 

商品へのこだわりや想いについて  

吉本)開発される商品へのこだわりを教えてください。

大友さん)やはり発酵です。発酵食品についてはこだわってやっています。美幌トマカラサンについても、とうがらしの乳酸発酵をベースに開発しています。

美幌町は発酵が出来る町であり、健康を意識していける町。美幌町=健康、となるように励んでいます。

地元生産、ぴぽろワークセンターの皆さんの笑顔、加工に至るまで関係者の皆さんが笑顔で取り組んでいる姿。そんなところを町の魅力として発信していきたいです。

吉本)商品への想いを教えて下さい。

大友さん)美幌トマカラサンもそうですが、開発した商品の魅力が美幌町の子供たちにも伝わるように頑張っていきたいです。成長して大人になった時、美幌町にはこんな美味しいものがあるんだよって!言ってもらえたら最高ですね。

新型コロナ感染拡大の影響で人の移動が激減し、美幌町も例外ではありません。足を運んでいただく観光客が激減し、その影響は大きなものになっています。この厳しい状況の中でも私たちが開発した商品によって皆さんが笑顔になって頂けたらと取り組んでいます。

 

美幌トマカラサンの食べ方

ピザにタバスコ風に掛けたり、揚げ物に掛けたり、餃子に付けたり、スープに垂らしたり、麺類を味変で楽しんだり、肉料理(しゃぶしゃぶ・焼き物など)にも相性の良い商品です。使い方次第で無限の楽しみ方が広がります。

 

最後に

大友さんから地元への愛、商品へのこだわり、開発に掛ける熱い想いをお聞きし、我々としても可能な限りご協力がしたいものと強く思いました。

素材の栽培から研究・加工・販売までを地域の力で完結し、開発することによって、商品に魂が生まれ、多くの方々に応援して貰えるものになっていくのだと感じた次第です。

近く、当ショップでも「びほろ笑顔プロジェクト」の商品を販売致します。今後も同社の商品開発に注目していきたいと思います。

 

商品概要・沿革

<美幌トマカラサン>
◇加工:合同会社味噌精肉店
◇生産:北海道療育園ワークセンターぴぽろ
◇販売:合同会社びほろ笑顔プロジェクト
◇開発支援:ノーステック財団
◇開発援助:企業組合北見産学医協同センター
◇コーディネーター:美幌商工会議所
◇管理事務所:合同会社びほろ笑顔プロジェクト

<びほろ笑顔プロジェクト沿革>
2009年5月 美幌商工会議所内に美幌ブランド開発検討委員会を設立、特産品の開発開始
2012年3月 地元高校との連携で、豚肉ベースの醤油調味料「美幌豚醤まるまんま」完成
2012年5月 商品販売に向け会社設立
2014年6月 地元アスパラガスの切り下有効活用の取り組み開始
2015年5月 加熱用トマト栽培・加工の取組開始
2018年1月  「美幌トマトケチャップ」販売開始
2019年3月  「美幌ミートソース」「美幌とまポン酢」販売開始
2021年4月  「美幌トマカラサン」販売開始

 

企業情報

◆企業名|合同会社 びほろ笑顔プロジェクト
◆住所|網走郡美幌町字仲町1丁目44-1 美幌商工会議所内
◆電話番号|0152-73-5251

 

クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。