2016-06-19

少年が大志を抱きたくなる観光名所~羊ヶ丘展望台~(3)絶品ソフトクリームとお土産とオーストリア館

三度「羊ヶ丘展望台」の情報をご紹介します。

北海道の生乳を使用した美味しいソフトクリームがおすすめ

前の記事でも触れましたが、羊ヶ丘展望台場内の「オーストリア館」では様々な北海道土産が購入できます。また、画像の「白い恋人ソフトクリーム」や、ここ羊ヶ丘でしか味わえない「オリジナルソフトクリーム」なども堪能できます。

この日は「白い恋人ソフトクリーム」の〈ホワイト〉と〈ブラック〉、そして「オリジナルソフトクリーム」の〈ミルク〉を購入。

「白い恋人ソフトクリーム」は北海道産の生乳と札幌銘菓「白い恋人」のチョコレートをブレンド。しつこく無くさっぱりとしていながらも、しっかりとしたコクがあり、練りこまれたチョコレート(※)がトロっとした絶妙ななめらかさを演出していました。
本家「白い恋人」のラングドシャに勝るとも劣らない見事な味わいに仕上がった逸品です!(※「白い恋人」のチョコレートは、なめらかさを出すために加温しながら約8時間も丁寧に練り上げられています)

こちら「オリジナルソフトクリーム」は生乳の風味が豊かで非常にバランスの良い確かな味に仕上がっていました。尚、〈ミルク〉味以外にも北海道ならではの〈夕張メロン〉味や〈ハスカップ〉味も販売されていますので、お好みのチョイスでお楽しみ下さい。

 

道産食材を使用した軽食も楽しめます

ここ「オーストリア館」の1階ではソフトクリーム以外にも「ラムの串焼き」「じゃがいもバター」「濃厚コーンポタージュ」「ラムまん」「鹿まん」「ライスカラッケ※」など、これまた北海道ならではの道産食材を使用した軽食を味わうこともでき、ビールも販売されています。(※誤りではありません。どうやら〈カレー〉と〈コロッケ〉を掛け合わせて〈カラッケ〉と命名されたようです(笑))

 

オーストリア館の名称の由来

順序が逆になりましたが、こちらが「羊ヶ丘オーストリア館」の外観です。前述の通り、1階は軽食コーナーで2階は土産物ショップになっています。
因みになぜ名称が「オーストリア館」なのでしょうか?
その由来について調べてみたところ、「札幌オリンピック」で使用したパビリオンを移設して使用しており、そのパビリオンが「オーストリア館」だったということのようです。
40年以上前に開催された「札幌オリンピック」の形跡が、四方やここ「羊ヶ丘展望台」に残されていたとは、想像すらしていませんでした。
国を挙げた一大事業が開催され、興奮と熱気に包まれていた当時の札幌。その歴史を見届けた「オーストリア館」が今尚ここ「羊ヶ丘展望台」で人々を迎え、札幌の観光振興に貢献しているという事実を知り、深い感銘を受ける次第です。

 

売店には北海道土産が盛り沢山

オーストリア館の2階は土産物ショップになっており、北海道が世界に誇る銘菓「白い恋人」から、果ては「あぶらとり紙」まで(笑) ありとあらゆる北海道土産を購入することができます。

ここでしか手に入らない羊ヶ丘オリジナル商品も多く販売されており、それらをお土産として購入すれば「羊ヶ丘展望台に行ってきました~」という報告には事欠きません。

オリジナル商品としては、定番の「ストラップ」から前述の「あぶらとり紙」まで、画像の通り相当数のグッツが並べられていました。

「クラークTシャツ」も販売されています。
「一たび袖を通せばすっかりあなたもクラーク博士!」というキャッチコピーはありませんでしたが(笑)
このTシャツを着て北海道を旅すれば、クラーク気分を満喫できること請け合いです(笑)
また、いちいち「北海道に行ってきた」という報告が煩わしい貴方は、帰宅後にこのTシャツを1週間ほど着続ければ手間が省けます(笑)
ラインナップは1,080円・1,296円・1,512円の3種類。TPOに応じて使い分けるのも良いかも知れません(笑)
(なぜ価格が違うのかについて一晩中悩みましたが理由はまったくは分かりませんでした(笑))

 

特別な挙式をあげるなら「札幌ブランバーチ・チャペル」

オーストリア館の隣、羊ヶ丘展望台の場内に建つ「札幌ブランバーチ・チャペル」で素敵なウェディングは如何でしょうか?
ブランバーチという名称は「白樺」を意味しているそうです。
フランス語で「白」を意味する「Blanc」と「樺」を意味する「Birch」を合わせた「白樺」という造語が名称の由来となっています。
瀟洒でありながらも荘厳で美しいチャペル。
その1階のチャペルで挙式を上げた後、2階に会場を移してウェディングパーティを開くこともできます。
また「ロケーションフォト」をお申し込み頂くと「クラーク像」「ラベンダー」「白樺林」など、北海道ならではのロケーションで記念に残る撮影を行うこともできます。

生涯記憶に残る特別なウェディングをお考えなら、羊ヶ丘展望台の「札幌ブランバーチ・チャペル」。
おすすめです!

 

「大志の誓い」と「クラーク旅立ちの鐘」


羊ヶ丘展望台ではクラーク博士に大志を誓うこともできます。
唐突過ぎてわかりませんよね(笑) 何のことかと申しますと、あなたの夢や希望を所定の用紙(100円/枚)にしたためてクラーク像の台座にある投函口に入れると、羊ヶ丘展望台が責任を持って大切に保存してくれるというものでして、以降、夢が叶った時やくじけそうになった時、改めて自らが立てたあの日の誓いを思い出し、自らを讃えたり、奮い立たせたりすることができるという有り難いサービスになっております。

 

大志の誓いを書いた用紙を持ち「クラーク旅立ちの鐘」を鳴らしながら成就を祈ります。
私は北海道の更なる発展に貢献したいとの誓いを立て、鐘を鳴らして祈りました。

 

「北海道日本ハムファイターズ誕生記念碑」や「足湯」もあります

北海道日本ハムファイターズ誕生記念碑(2004年6月設置)の手形に手を重ね合わせて楽しんでいる方もいました。

 

場内には足湯もあります。その名も「羊ヶ丘ほっと足湯」。
北海道のカラマツやトド松を使用したカントリー調の建屋の中で、道内各地の温泉水に足を浸し、旅の疲れを癒すことができます。
無料のサービスで、定員は12名となっております。

国際観光都市と言われる札幌。
その魅力を存分に感じ、満喫できる特別な場所「さっぽろ羊ヶ丘展望台」。
北海道を訪れる際は是非この場所「さっぽろ羊ヶ丘展望台」で特別な思い出を残しては如何でしょうか。

 

住所・地図・アクセス・電話番号・営業時間・営業期間・料金

■住所|札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
■電話番号|011-851-3080
■入場料金|大人520円/小中学生300円/未就学児は無料
◇30名以上で団体割引有。大人470円、子供270円
◇障がい者手帳お持ちの方は窓口提示で無料
◇札幌在住65歳以上の方は証明書提示で半額
■営業日・営業時間|入場受付は閉門15分前迄
◇5~6月:8:30~18:00
◇7~9月:8:30~19:00
◇10~4月:9:00~17:00
■レストラン営業時間|
◇5~6月:10:30~17:00
◇7~9月:10:30~19:00
◇10~4月10:00~15:00
■アクセス|
◇車:新千歳空港より北広島IC~国道36号線で約40分
◇車:札幌駅より約20~30分
◇公共交通:札幌駅(東急デパート南口)よりバス乗車「89・羊ヶ丘線」約40分
◇公共交通:地下鉄東豊線「福住駅」より、バス乗車「福84・羊ヶ丘線」約10分
(2016年6月現在の情報です。ご来場の際は管理元にご確認下さい)

 

 

おすすめ記事

クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です