2016-07-02

北海道お菓子フェア2016体験記~札幌大通公園2丁目会場より~

現在、札幌の大通公園2丁目をメイン会場とした市内6会場にて「北海道お菓子フェア2016」が開催されております!(開催期間6/24(金)~7/3(日))(注.本記事は2016年7月2日に投稿されたものです)

北海道新幹線開業と札幌商工会議所創立110周年を記念して開催されており、メイン会場の「大通公園2丁目会場」には大型のテントパビリオンが設置され、さっぽろスイーツコンペティションでグランプリを獲得した歴代のスイーツや、道内各地の人気菓子店がフェアのために用意した限定スイーツ(日替わりセレクション)などを味わうことができます。

6/30(木)、大通公園2丁目会場にて絶品の北海道スイーツを頂いてきましたので、会場の様子と併せてお伝えして参ります。

この日の札幌は非常に暑く、最高気温は28.2℃を記録し、夏日となりました。
メイン会場である大通公園2丁目テントパビリオンの外では木陰でくつろいでいる方々の姿が見られました。

 

メイン会場は1日5回、90分制限での入れ替え制となっております。我々が入ったのは16:00~17:30の時間帯。
開場30分前に向かったのですが、既にこの行列でした。100人はいたでしょうか?
尚、男女の比率ですが意外と男性が多く、女性7:男性3くらいの割合だったと思います。

 

シックな会場でスイーツを楽しめます


会場内です。

会場内は黒を基調としたシックなデザインとなっております。
2名で入ったところ、対面の席を案内されました。
他の方々も対面で会話をされていたので、複数で入場する場合はあえて対面の席で案内している模様です。

尚、この日はアンサンブルグループ「奏楽(そら)」さんの演奏を聴きながら優雅な気分でスイーツを楽しむことができました。うれしい演出です。

 

絶品スイーツの数々を実食


こちらは2014年のグランプリを獲得した「さっぽろお米なスイーツ」です。

表面はイチゴのグラサージュ(つや出し)で覆われており、上にはイチゴとルバーブ(ヨーロッパではポピュラーな野菜)がトッピングされています。中のムースフロマージュには北海道産の「おぼろづき」がつぶのまま練りこまれ、ユニークな食感を生み出していました。また、中心には北海道産ルバーブと苺のコンポートが入っており、さっぱりとした酸味が全体の味をキリっと引き締めていました。
土台は北海道産の米粉を使用したキャラメルスポンジとなっております。

これを生み出したのはパティシエの近藤宏さんという方で手稲区星置に本店を持つ「株式会社べんべや」にお勤めとのことです。

見た目の鮮やかさと輝き、そして「おぼろづき」の不思議な食感とコンポートの酸味三味一体となった素晴らしいスイーツです。

 


フロマージュブラン・マスカルポーネと2種類のチーズを使ってつくられたレアチーズケーキ「苺とレアチーズ」です。
もちろんチーズも苺も北海道産。
苺がふんだんに使われており、爽やかな酸味の効いたお味となっています。
クッキー生地も入っていて、アクセントのある食感を生み出していました。

こちらも素晴らしい逸品です。
札幌市北区のスイーツのお店「パティスリー アンシャルロット」さんの作品でした。

尚、「苺とレアチーズ」は日替わりセレクションのスイーツなので、食べられるのは6/24、6/28、6/29、6/30、7/1となっております。

 


こちらは石屋製菓さんから「白い恋人ソフトと白いロールケーキ ~ベーリーソースを添えて~」です。

何と!「白い恋人ソフト」と「白いロールケーキ」のコラボが実現しました。
ミルキーな白いロールケーキの上に、あっさりなめらかな白い恋人ソフトが乗せられており、両者を同時に口の中へ入れた途端、ファンタジーの世界が広がります。

尚、こちらは「スイーツマルシェ」で取り扱っている中で唯一、期間中いつでも食べられる商品です。
お菓子フェア限定品となっております!

 

こちらは札幌市豊平区の「菓子工房 ケイク・デ・ボア」さんから出品された「イチゴとフロマージュブランのムース」という作品です。

柔らかな味のイチゴムースと爽やかなフロマージュブランのムースがバランス良く絶妙なハーモニーを奏でていて、上に掛けられたグラサージュの酸味がさっぱり感を与えます。
スポンジにはイチゴのジュースがたっぷり浸み込ませてありました。
滝上町のチーズが使われており、イチゴ感満載で爽やかさが追求された秀逸なスイーツです。

尚、こちらも日替わりスイーツでして、食べられたのは6/28、6/29、6/30の3日間だけでした。

この日は我々も開場30分前には入場待ちの列に並んだのですが、お目当ての一つであった昨年度グランプリ作品「さっぽろガトーたまねぎ」はゲットできませんでした。

開場と同時に「さっぽろスイーツ歴代グランプリコーナー」に向かう方が多く、人気の商品については会場から僅か5~10分で無くなってしまいました。
最終的には20分程で歴代グランプリ作品はすべて完売!

いやはや、やはりグランプリ作品の人気恐るべしっ!です(笑)

従いまして、お目当てのスイーツがある方は出来る限りお早めに会場前にお並び下さい。

チケットは当日券1,500円・前売1,200円で、お好きなスイーツ2つとソフトドリンク1つが頂けます。
尚、チケットを持ってテントパビリオン外の「さっぽろワンハンドスイーツコーナー」(ピンクのブース)に行くと下の券が貰えます。

 

ワンハンドスイーツはきのとやの「クロッカンシュー」

この券を持って「(大通公園)西2丁目会場」「北3条アカプラ会場」「さっぽろ東急百貨店会場」に行くと、何と各会場で片手で食べられるスイーツが貰えるという嬉しいサービスも付いています!

この日、西2丁目会場で頂いたのは言わずと知れた「きのとや」の「クロッカンシュー」でした。
シュー生地のザクザク食感と北海道産の放牧牛乳で作られたカスタードクリームが堪りません。

チケット僅か1,500円(前売1,200円)で会場内でスイーツ2つとドリンク1つ、そして3つの会場でもそれぞれワンハンドスイーツが貰えてしまうという考えられない程お得な内容となっております(普通に考えると優に2,000円は超える内容です)。

その他5会場でも様々なイベントが開催されております!
会場は6カ所中5カ所が市内中心部ですので、ぐるっとハシゴをして頂き、北海道の絶品スイーツの数々をご堪能下さい♪

 

住所・地図・会場・アクセス・開催期間・営業時間

◆開催期間:2016/6/24(金)~7/3(日)
◇大通公園2丁目会場(メイン会場)
・住所|中央区大通西2丁目
・営業時間|10:00~21:00
※最終日は17:30まで
◇北3条広場(アカプラ)会場
・住所|中央区北2条西4丁目・北3条西4丁目
・営業時間|10:00~20:00/土日11:00~20:00
※最終日は18:00まで
◇丸井今井札幌
・住所|中央区南1条西2丁目
・営業時間|10:00~20:00
◇さっぽろ東急百貨店
・住所|中央区北4条西2丁目
・営業時間|10:00~20:00
※最終日は16:00まで
◇エスタ大食品街
・住所|中央区北5条西2丁目 札幌エスタ地下1階
・営業時間|10:00~21:00
◇新さっぽろサンピアザ
・住所|厚別区厚別中央2条5丁目 サンピアザ地下1階スイーツプラザ
・営業時間|10:00~20:00

注.2016年開催の情報です。お出かけの際は主催者情報をご確認下さい。

 

 

おすすめ記事

クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です