北海道京極町から「水」や「素材」「製法」にこだわったプリンが登場

Cafemocha(カフェモカ)がある京極町は道民から蝦夷富士と呼ばれている「羊蹄山」の麓にある町で、町内にある「ふきだし公園」からは環境庁の名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」が湧いており、名水の郷として愛されています。

Cafemochaは「ふきだし公園」の横で「羊蹄のふきだし湧水」で淹れるコーヒーを提供してきた自家焙煎珈琲店です。お客様からの珈琲に合うスイーツや京極町のお土産を探す声を受けて「京極プリン」を作ることを決めました。

「ちょっといい素材に魔法をかける」をコンセプトに、独自の製法と自家焙煎店としての珈琲へのこだわりを込めて「京極プリン」を作っています。

 

特徴は「艶濾(つやごし)」

京極プリンの製造には、一般的な絹ごしよりも1/3以下の細かな目の漉し器を使っており、火入れも精度の高い温度管理のもと低温で時間をかけてすることにより、なめらかな食感に仕上げています。独自の製法で作ったプリンはスプーンですくったときに、断面がつやつやと光ることから「艶濾(つやごし)」と名付けられています。

 

Cafemochaのこだわり

・素材は試作を重ねた厳選素材を使用しています。
・ひたすら濾すことで口当たり滑らかな食感を作り上げています。
・美味しさを重視し、幾度となくテストを行っています。
・温度1度で味や食感に差が出る為、徹底した温度管理を目指しています。
・キャップ後に殺菌を行うことで、安全安心です。

 

当店では、数ある京極プリンの種類から人気の4種類をピックアップ。

是非こだわり製法のプリンをご賞味ください。